離婚とお金の問題

MGM_04680006.png  

離婚問題は夫婦間の愛情の問題であると同時に、お金の問題でもあります。

特に、女性にとっては、離婚後に生活していけるか、という現実的な問題があります。また、離婚後も生活に困らない豊かな方の場合には、離婚そのものでは合意に至ったとしても、財産分与の問題等、別の面で大きな問題となります。

いずれにせよ、離婚問題の中でお金の問題はとても大きい問題なのです。 

特に、「早く離婚したい」事情がある方の場合、「離婚した後でも、財産分与や慰謝料の請求はできるから」と、お金の問題を先延ばしにする方がたまにいますが、弁護士としての経験から言うと、よほどのことがない限り、お金の問題は離婚前に解決しておいた方が良いと言えます。

芸能人の離婚問題などでは「慰謝料」だけが、やたらと強調される傾向にありますが、慰謝料以外にも、財産分与や養育費など、金額が大きくなる項目があります。

慰謝料

相手の浮気や暴力などによって「精神的苦痛」を受けたことに対する損害賠償金です。

財産分与

離婚する際に、夫婦が築き上げてきた財産を公平に分配することです。

養育費

子供が社会人として自立するまでに必要となる費用です。

年金分割

平成19年4月以降、年金を一定割合で妻が受給できることになりました。

婚姻費用

妻は別居中の生活費を夫に請求することができます。

また、次のような悩みがある場合は、当事務所にご相談ください。

○離婚した場合、どれぐらいの財産分与や慰謝料をもらえるのか知りたい
○離婚には応じてくれそうだが、お金のことでは揉めそうだ
○相手が納得のできない条件を持ち出してきた
○子供のためにも、正当な財産分与や慰謝料を受け取りたい

弁護士が親身にあなたのお話を伺い、必要とあれば、代理人となって相手と話し合います。