DV夫との離婚

モラハラをやめさせるためには

竹田先生  
 
DV夫と離婚するには、精神的に辛い思いをされると思います。お子さんがいる場合は、子供の成長のために、父親がいなくてもよいのか、また離婚しても生活していけるのかなど、経済的不安を抱えることにもなります。
 
ただ、DVにより、あなたの命が危険にさらされることもあります。また子供にも暴力が及ぶかもしれませんし、DVをする夫を見て育った子供は、トラウマを抱えてしまうかもしれません。
 
被害者の中には「自分が悪いから」夫が暴力的になってしまうのだと思い込んでいる方もいらっしゃいますが、決して被害者が全部悪いということはありません離婚せず共に暮らしていくことが幸せな事かどうかもう一度よく考えみてください。
 
DVは法定離婚原因である「婚姻を継続し難い重大な事由」にあてはまります。DVを理由に離婚をする場合は調停から裁判までいくことを想定して、以下のものを準備しておくことが大事です。とにかく調停・裁判でものをいうのは決定的証拠です。
 
1.ケガを写した写真
2.医師の診断書
3.暴言を吐いている録音テープ
4.散乱した部屋の様子
5.脅迫メール、脅迫状(手紙)
6.暴力を受けていることを知っている知人がいればその人の証明書
7.日記 など
 
DV夫との離婚の話は、あなた自身が相手と直接接触をしないですむよう、夫と関係のない信頼できる第三者に相談するべきです。現在、離婚をお考えでない場合でも、DVで苦しんでおられる場合は、当事務所にご相談ください。DVにどのように対応すべきかのご相談にのります。もちろん、離婚も選択肢ですが、今すぐ対応できることもあるはずです。是非、勇気を出して、弁護士にご相談ください。

 

当事務所のDVの解決事例

①乳児を抱える妻へのDVに対する離婚調停
②不倫相手の夫から暴力を受けた事例

その他の解決事例はこちら