モラハラ夫と離婚するには

竹田先生  
モラハラ夫加害者と離婚するには、相当のエネルギーと時間が必要になります。モラハラ加害者は、自分に都合の悪い話を避けたり、相手を混乱させ、疲弊させ、自分が優位に立とうとします。
 
相手はあの手この手であなたを言いくるめてくるでしょう。言われているうちに、「私が悪かったんだ」「私が間違っていたんだ」と思うようになってしまいます。
 
このような状態から抜け出すためにもまずは、別居をお勧めします。別居した後、加害者から「反省したから戻ってきて欲しい」と言われたりしますが、しばらくたつとまた同じようにモラハラを受けるだけです。
 
別居した後、多くの場合は調停を行うことになります。モラハラ加害者は、周囲に自分の良さをアピールすることに優れていますから、調停委員に好印象を与える場合も多くなります。やり直したいと言ってくる場合が大半のようです。
 
また、調停委員による二次被害も考えられます。調停委員がモラハラを理解していないこともあり、モラハラ加害者の味方となり、あなたを説得にかかる可能性があります。
 
ですので、モラハラ加害者との離婚の話は、あなた自身が相手と直接接触をしないですむよう、モラハラ加害者と関係のない信頼できる第三者に相談するべきです。第三者としてベストなのは、弁護士です。弁護士は交渉のプロですし、相手に支配されない交渉術を心得ています。したがって、モラハラのことを知っている、信頼できる弁護士に相談することをお勧めします。

 

当事務所のモラルハラスメントの事例

①モラハラ夫に調停を申し立てることによって離婚できた事例