男性のためのDV・モラハラ相談

昨今、「モラルハラスメント(モラハラ)」という言葉が一般的に認知されるようになっておりますが、皆さまがイメージされるのは、男性が女性に対して、精神的な暴力を加えているケースではないでしょうか。
しかし、当事務所にご相談に来られる方の中には、「妻からモラルハラスメントを受けている」「妻から家庭内で暴力を受けている」という方も多くいらっしゃいます。妻から夫への暴力は「逆DV」ともいわれ、近年増加傾向にあるそうです。
 

男性がDVやモラハラ被害を受けている場合、傾向として、誰にも相談できずに一人で苦しんでいるケースが多いようです。女性がDV・モラハラ被害を受けている場合、マインドコントロールをされてしまって、周囲に相談しにくいという傾向がありますが、周囲の方に相談をするさえできれば、手厚く保護・サポートをしてもらえる体制にあると言えます。しかし、男性の場合には、まだまだ社会問題としての認識・浸透が低く、十分なサポート体制があるとは言えません。

実際に、DV被害の相談機関も、女性の相談員がほとんどで、男性の相談者も非常に限定的です。法律事務所においても、男性からのDV被害相談を訴求している事務所は多くありますが、女性からのDV被害相談を積極的に受け付けている事務所はまだまだ多くありません。

 
当事務所は、これまでにも男性のDV・モラハラに関するご相談を数多く受けてまいりました。男性の場合、被害が深刻になるまでご相談に来られないことが多いのですが、できる限り早い段階で弁護士にご相談されることをおすすめします。
 
男性の弁護士が親身に対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。