離婚協議書作成

竹田先生  

当事務所では、ご自身で離婚協議を進めたい方のために、「離婚協議書作成」を行っています。離婚が成立した後でも、子どもと会わせてもらえない、であるとか、養育費を支払ってもらえないなど、新たなトラブルが起きることは珍しくありません。

このようなトラブルを避けるためには、離婚にあたって合意した内容を離婚協議書としてしっかりと書面にしておくことが大切です。

対象

・離婚について合意ができたけれど、どのように書面にまとめたらいいかわからない方。
・離婚後のトラブルを避けるために、離婚協議書を公正証書として作成したい方。
・離婚について協議するために、希望する条件を離婚協議書として書面で提案したい方。
 

内容

1) あなたに最適な離婚協議書を作成できます
離婚する際の条件はそれぞれの夫婦で様々ですのでなかなか定型の書式では対応しきれません。個別的な対応で、最適な離婚協議書を作成します。
2) 公正証書の作成にも対応できます
慰謝料を分割払いで受け取ったり、養育費の支払いを受ける場合には、公正証書にしておくことで強制執行が可能となります。公証人に提案する案としてもご利用いただけます。
 

費用 

5万円(標準)
※相手方との交渉は対象外です。交渉をご希望の場合は代理人としてご依頼下さい。
※公証役場への同行や、協議書署名時の同席については別途費用を申し受けます。
※離婚手続きバックアッププランをご利用の方については適宜減額いたします。
※離婚協議書の内容及び分量により、作成料が10万円までの範囲で増額する可能性があります。

※公正証書を作成する場合には、弁護士費用の他に公正役場に公正証書作成料金をお支払い

 頂くことになります。

 

当事務所の離婚協議書の作成事例

①離婚成立後の離婚協議書の作成
②成立した離婚条件に対する離婚協議書の作成
③夫の不貞による協議離婚と離婚協議書の作成

その他の解決事例はこちら