双方の配偶者に不倫がバレた事例

依頼者 妻     離婚原因 不貞
夫の年齢 43歳  夫の職業 会社員
妻の年齢 41歳  妻の職業 パート社員
子ども なし

成人Oさんの夫は職場の女性と不倫しており、Oさんは不倫相手に慰謝料請求して相手も納得していたので和解する予定でした。しかし、不倫の事実が不倫相手の妻にバレてしまい、慰謝料の支払いを相手方の妻が認めなかったので、裁判になりました。

最終的に200万円の慰謝料で解決しました。ご依頼を頂いてから10ヶ月で解決にいたりました。

 

当事務所の不倫(浮気・不貞行為)の解決事例

①双方の配偶者に不倫がバレた事例

②夫の不倫が原因で離婚した事例

③大学生の不倫相手に慰謝料請求した事例

④銀行員が不倫をした事例

⑤不倫を疑われ500万円の慰謝料請求をされたが、30万円の少額で和解できた事例

⑥離婚する意思のない妻の、夫の不倫相手に対する慰謝料請求

⑦夫の不倫相手に対する慰謝料請求で90万円の獲得

⑧600万円の不貞慰謝料請求を半減

⑨不倫相手の夫から慰謝料請求された事例

⑩部下と妻の不倫関係について慰謝料を請求した事例

⑪不倫相手に対しての慰謝料請求と、不倫をした夫との調停離婚の事例

⑫慰謝料請求をされてから10日で解決をした事例

⑬有責配偶者からの離婚請求で、最低限の慰謝料で離婚を成立させた事例

⑭浮気をしていって出て行った妻との離婚で、慰謝料を請求できた事例

⑮離婚が成立した後に、元妻に対して不倫の慰謝料請求をした事例

⑯不倫をして別居をしていた夫から、420万円の慰謝料を獲得し、短期間で離婚が成立した事例

 

その他の解決事例はこちら