離婚の可否についてのQ&A Q4答え

配偶者が精神病に罹患したときは「強度かつ回復の見込みがない」と認められる場合は、民法第770条1項4号・同条2項により「病者の今後の療養、生活等についてできるかぎりの具体的方途を講じ、ある程度において、前途にその見込みのつくことが要件として離婚が認められる」とされています。

精神病が強度且つ回復見込みがある場合でも、実態的な生活に即して夫婦としての共同生活ができないときは、同様に離婚が認められる場合があります。

離婚問題Q&Aの一覧に戻る