不倫の慰謝料として300万円請求されていたが、交渉により75万円まで減額できた事例

依頼者 女性 40代前半
相手方 女性 50代前半
依頼から解決まで 約半年
 

経緯

依頼者の女性は、相手方から不倫の慰謝料を請求されており、訴訟提起をされた後に来所されました。
請求されている金額は300万円でした。

不倫相手の男性は、以前に当事務所が離婚相談を受けた方で、その後、相手方との間で離婚が成立していました。
 

結果

相手方には不倫の証拠を取られており、不倫の事実について争うことはできないため、

「不倫関係が始まった際には既に夫婦関係は破綻していた」という点について争い、

75万円まで慰謝料金額を減額することができました

 

ポイント

今回の事例では、以下の2つが慰謝料を大幅に減額できたポイントです。
1.元夫の離婚相談を受けていたので、夫婦関係が破綻したことについて事情を良く把握しており、「不倫の関係が始まった際、既に夫婦関係が破綻していた」という事実を立証することができた
2.離婚調停が成立する際、元夫から相手方へ解決金が支払われていたことや、相手方に有利な条件での財産分与が行われていたこと
不倫の慰謝料を請求されたとしても、不倫が始まった際の夫婦関係の状況や、離婚条件の内容によっては慰謝料を減額することができることがあります。