夫名義の共有財産の分与

依頼者 元妻
 40代後半
 40代後半
依頼を受けてから裁判離婚が成立するまで 約1年6カ月
 
財産分与の取り決めをしないまま離婚をした後、夫婦共有財産の殆どが元夫名義のままになっている状況で、元夫と話し合いができないということで、弁護士に依頼した。調停で、夫の退職金見込み額や家計からの夫の固有の借金返済などを全て計算して夫婦共有財産を算定するのに時間を要した。
 結果、元夫→元妻 500万円
 元妻→元夫 不動産の共有名義
という内容の財産分与を行う条件で調停成立。

 

当事務所の財産分与に関する解決事例

①所得の高い夫と調停離婚を成立させ、婚姻費用、親権、養育費を獲得した事例 

②家庭内別居状態から別居をし、最終的に裁判で離婚が成立した事例 

③夫名義の共有財産の分与

④事業に失敗したことが原因で離婚した事例

⑤不倫をした妻が、親権を獲得するために、相手の望む金額を払い、早期に離婚した事例

⑥家庭内別居状態の60代夫婦が、夫の退職に伴い離婚を成立させた事例 

⑦子供との関係が悪化して離婚した事例

⑧当方に非がありながら、最終的に2000万円の財産分与を獲得できた事例

その他の解決事例はこちら