子供が成人したことがきっかけで離婚した事例

依頼者 妻     離婚原因 性格の不一致
妻の年齢 52歳  妻の職業 会社員
夫の年齢 56歳  夫の職業 会社員
子ども 成人
 
Eさんは夫と一緒に暮らしていましたが、10年前に大喧嘩してからずっと離婚したいと思っていました。しかし、子供がいたのでずっと我慢していました。
子供も成人したのでそろそろ離婚したいとEさんは弁護士に相談しました。
 
弁護士に相談している段階で、Eさんは夫と喧嘩して家を出てしまいました。
Eさんは婚姻費用を請求したのですが、夫は勝手に出て行ったという認識だったので相場通りの婚姻費用は払わないと主張しました。
 
Eさんは弁護士に依頼して調停を申し立て交渉した結果、財産分与として600万円と相場通りの婚姻費用、年金分割の条件で調停成立しました。
 
財産分与の600万円は、夫が会社の取締役で高収入だったので退職金を財産分与に入れて欲しいと主張した結果獲得したものです。

 

当事務所の婚姻費用の解決事例

①子供が成人したことがきっかけで離婚した事例

②婚姻費用の支払を考慮し,早期に離婚成立させた事例

その他の解決事例はこちら

The following two tabs change content below.
代表弁護士 竹田卓弘

代表弁護士 竹田卓弘

春日井市・小牧市・北名古屋市・犬山市の皆様へ 焦らなくてもいいので心の中にひっかかっているもの全てを吐き出していただけたらと思います。弁護士法人竹田卓弘総合法律事務所(春日井市)には、毎月、離婚問題でお悩みの方がたくさん相談に来られます。離婚にまつわる悩みは様々です。1人として同じ悩みはありません。それぞれ込み入った事情を持っておられることと思います。まずは、お気軽に弁護士にご相談ください。春日井市をはじめとする、地域の皆様のお力になれる春日井の法律事務所・弁護士であることを目指します。 |当事務所の弁護士紹介はこちら
代表弁護士 竹田卓弘

最新記事 by 代表弁護士 竹田卓弘 (全て見る)

状況別・段階別の離婚相談メニュー

  • 離婚を考えているが、どう切り出していいかわからない。相手から離婚を切り出されたが、離婚したくない
  • 突然、相手が家を出ていってしまった(弁護士から手紙が届いた)離婚したいが、できれば相手と直接話したくない(話をするのが怖い、相手が弁が立つ)
  • 相手に弁護士がついた相手と話し合いをしている時間がないので、話し合いを任せたい
  •  
  •  
  •                  調停を申立てたい
  •  

                  調停を申立てられた