不倫を疑われ500万円の慰謝料請求をされたが、30万円の少額で和解できた

依頼者 40代 夫 会社員
相手 40代 妻 契約社員(同僚)
手続 慰謝料減額交渉
 

経緯

依頼者は妻とは別の女性と会社の慰安旅行やレクリエーションなどで親しくしているところを、妻に怪しまれ、行動をつけられたり、会話を録音されたりしていた。
 
依頼者と同僚の女性との間に男女関係はなかったが、一日だけデートをしていたところを、見つかってしまった。このような事実もあり、依頼者、相手方ともに離婚をすることになった。その後、依頼者は同僚の女性から慰謝料を請求された。
 

当事務所の対応

相手の女性にも弁護士がつき、内容証明郵便によって500万の慰謝料を請求された。依頼者としては、不倫の事実はなかったので、1円も払いたくないという気持ちであった。逆に、事実でない請求によってこちらも離婚をすることになったので、慰謝料請求をしたいくらいの気持ちであった。
 
相手方の内容証明に対して、当職が対応し、依頼者の意志を伝えたところ、しばらく考えたいと手紙があり、一時訴えは止まっていたが、半年後に裁判を起こされることになった。裁判でも500万円の慰謝料請求をされることになった。
 

結果

相手方としては、二人の会話や不倫を認めたという音声情報を持ち出し、慰謝料請求の正当性を主張してきたが、不倫の直接的な証拠はなかったので、裁判所も証拠不十分ということで、少額での和解を勧めてきた。
 
依頼者は、1円も払いたくないということを言っていたが、裁判までもつれてしまえば、デートをした事実や音声データなどから、相手方に有利な判決が出るリスクがあったので、説得をして、最終的に30万円の慰謝料を支払うことで解決をさせた。
 

所感

判決までいけば、慰謝料を払わずに解決できる見込みもあったが、負けてしまうリスクもあったので、少額での早期解決を選んだ。もし裁判で負けた場合には、200~300万円の慰謝料の支払を命じられる可能性があった。
 

 

当事務所の不倫(浮気・不貞行為)の解決事例

①双方の配偶者に不倫がバレた事例

②夫の不倫が原因で離婚した事例

③大学生の不倫相手に慰謝料請求した事例

④銀行員が不倫をした事例

⑤不倫を疑われ500万円の慰謝料請求をされたが、30万円の少額で和解できた事例

⑥離婚する意思のない妻の、夫の不倫相手に対する慰謝料請求

⑦夫の不倫相手に対する慰謝料請求で90万円の獲得

⑧600万円の不貞慰謝料請求を半減

⑨不倫相手の夫から慰謝料請求された事例

⑩部下と妻の不倫関係について慰謝料を請求した事例

⑪不倫相手に対しての慰謝料請求と、不倫をした夫との調停離婚の事例

⑫慰謝料請求をされてから10日で解決をした事例

⑬有責配偶者からの離婚請求で、最低限の慰謝料で離婚を成立させた事例

⑭浮気をしていって出て行った妻との離婚で、慰謝料を請求できた事例

⑮離婚が成立した後に、元妻に対して不倫の慰謝料請求をした事例

⑯不倫をして別居をしていた夫から、420万円の慰謝料を獲得し、短期間で離婚が成立した事例

 

その他の解決事例はこちら