離婚が成立した後に、元妻に対して不倫の慰謝料請求をした事例

依頼者 男性 40代後半 会社員 
相手方 女性 40代前半 パート
子ども 2人(共に依頼者が引き取った)
 

経緯

 元妻の不倫が原因で離婚が成立した後に、慰謝料請求をした。慰謝料を本来は不倫相手に対して請求したかったが、不倫相手の名前や住所がわからなかったため、元妻に対して請求をした。
 

結果

 元妻は不倫の事実は認めつつも、依頼者にも非があったことを主張してきて、訴訟になった。結局判決まで行き、慰謝料として300万円を請求し、150万円が認められた。依頼者にも浪費癖があり、借金をしていたために減額をされてしまった。
 
 訴訟中に不倫相手の所在が判明し、直接交渉をしたが、経済的に支払が困難であったこともあり、まずは元妻に対して慰謝料の請求をした。しかし、元妻が判決で認められた慰謝料を全額支払ったということを理由に、不倫相手は慰謝料の支払いを拒否した。
 

ポイント

 元妻に対して慰謝料請求をするつもりはなかったが、不倫相手の特定ができなかったため、まず元妻に対して慰謝料請求をした。元妻からは150万円を一括で支払われたため、依頼者も納得をし、不倫相手への慰謝料請求を取りやめた。
 

所感

 当事務所に相談が来た段階では、既に離婚直後であったが、離婚の段階で相談に来てもらえていれば、有利な条件で交渉をすることができた事例であった。