車のナンバーから住所を特定し、夫の不貞相手から150万円の慰謝料を獲得できた事例

【属性】

依頼者:女性 40代前半 パート
相手方:夫の不貞相手の女性 40代後半 会社員
配偶者:男性 40代前半 会社員 
子ども:一人(高校生)
 

【経緯】

夫が使用している携帯用音楽プレイヤーに、普段はかけていないパスワードが掛かっていることを不審に思い、中身を確認したところ、別の女性との浮気が発覚しました。夫とは結婚をして約20年が経過していましたが、数年前から出会い系サイトで知り合った女性と浮気をしているようでした。
依頼者である妻は、夫の浮気相手に対して慰謝料を請求したいということで、当事務所にご相談に来られました。
 

【当事務所の対応】

当方が委任を受け、まずは浮気相手の女性の住所の特定を目指しました。夫の協力を得て、浮気相手の女性を呼び出し、車のナンバーをおさえ、そこから探索を掛けました。結果として、住所が特定でき、浮気相手に対して、300万円の慰謝料を請求しました。
相手方にも弁護士が付き、100万円で和解して欲しいとの提案がありました。依頼者と相談をし、最終的には150万円の慰謝料を一括で支払うということで、和解を成立させました。
 

【結果】

 夫の不貞相手から150万円の慰謝料を獲得。最終的には、夫とも離婚を成立させました。
 

【所感】

不貞相手の女性は独身であり、正社員として会社に勤めていたこともあって、比較的経済力がありました。そのため、支払いにもスムーズに応じてもらうことができました。本件では、夫は借金ばかりで、夫から慰謝料をもらうことが難しかったので、不貞相手に請求をしました。
不貞相手に対して慰謝料を請求する場合には、相手の身元をおさえておく必要があります。本件では、夫の協力を得ながら、車のナンバーを知ることができたため、所在も突き止めることができました。車のナンバーから所在地を確認するやり方は、確実性があります。
携帯電話の番号から、相手の身元を照会するケースもありますが、特定の携帯会社(ソフトバンク)の場合は、弁護士であっても身元照会をすることができないので、難しいケースがあります。
The following two tabs change content below.
代表弁護士 竹田卓弘

代表弁護士 竹田卓弘

春日井市・小牧市・北名古屋市・犬山市の皆様へ 焦らなくてもいいので心の中にひっかかっているもの全てを吐き出していただけたらと思います。弁護士法人竹田卓弘総合法律事務所(春日井市)には、毎月、離婚問題でお悩みの方がたくさん相談に来られます。離婚にまつわる悩みは様々です。1人として同じ悩みはありません。それぞれ込み入った事情を持っておられることと思います。まずは、お気軽に弁護士にご相談ください。春日井市をはじめとする、地域の皆様のお力になれる春日井の法律事務所・弁護士であることを目指します。 |当事務所の弁護士紹介はこちら
代表弁護士 竹田卓弘

最新記事 by 代表弁護士 竹田卓弘 (全て見る)

状況別・段階別の離婚相談メニュー

  • 離婚を考えているが、どう切り出していいかわからない。相手から離婚を切り出されたが、離婚したくない
  • 突然、相手が家を出ていってしまった(弁護士から手紙が届いた)離婚したいが、できれば相手と直接話したくない(話をするのが怖い、相手が弁が立つ)
  • 相手に弁護士がついた相手と話し合いをしている時間がないので、話し合いを任せたい
  •  
  •  
  •                  調停を申立てたい
  •  

                  調停を申立てられた