浮気をした夫からの離婚請求で、未払いの婚姻費用も含む250万円の慰謝料を受け取る条件で、調停離婚が成立した事例

依頼者 女性 20代後半 専業主婦
相手方 男性 20代後半 会社員
子ども なし

経緯

依頼者は結婚して4ヶ月後に別居するようになられた方でした。依頼のきっかけは、旦那が浮気をし、さらに離婚請求をしてきたことでした。相手方は弁護士を立てず、お父様が交渉役を担っておりました。別居を始めたタイミングで依頼に来られました。

対応

「離婚はしない」という意思表示をし、婚姻費用の請求をしました。相手方が支払わないため、婚姻費用の調停を申し立てたところ、相手方から離婚請求の調停がありました。婚姻期間が短かったため、財産分与はほとんどありませんでしたが、慰謝料として500万円を請求しました。

相手方は当初から慰謝料を払う気はありませんでしたが、「解決金として100万円払うなら構わない」という旨を主張してきました。

結果

未払いの婚姻費用も含め、250万円で解決しました。依頼から解決まで約半年での調停成立でした。

ポイント

有責配偶者からの離婚請求であったので、「離婚しない」という意志を強く示すことが重要でした。別居し、すぐに婚姻費用および慰謝料を請求したことも効果的でした。もう少し粘り強く交渉すれば解決金300万円以上も可能だったかもしれませんが、依頼者ご自身の調停出席による心労もあって早期解決を希望されたためこのような金額に落ち着きました。