3ヶ月の交渉で不貞相手から120万円の慰謝料を獲得できた事例

依頼者 女性 会社員
相手方 女性 パート
配偶者 男性 会社員
子ども 一人(幼児)
依頼から解決まで 約3ヶ月

経緯

複数の女性と不貞行為を繰り返している夫に不満を持ち、夫の不貞相手に対して慰謝料請求をしたいということで相談に来られました。夫との離婚調停については、依頼者自身で進めていました。
不貞相手に弁護士から内容証明を送ったところ、相手方にも代理人が付き、代理人間での話し合いになりました。

結果

最終的に120万円(月3万円の分割)の慰謝料を受け取ることで和解が成立しました。

ポイント

女性に対する慰謝料請求の場合、経済力がないケースも多く、要求通りの金額を受領することは難しい場合もあります。いたずらに強気な交渉をすることで、かえって硬直化してしまうこともあるので、妥当なラインで目処を付けることも必要です。

本件では、依頼者自身が仕事をしていて収入があり、生活基盤が安定している方であったため、どうしてもこちらの要求通りの金額が欲しいというこだわりが無く、比較的早期に解決をすることができました。