妻の不倫相手から慰謝料100万円を一括で支払ってもらった事例

依頼者 男性 40代後半
相手方 男性
依頼から解決まで 約1年

経緯

妻が浮気をしているとのことで相談があり、依頼を受けた。依頼を受けた後、弁護士が妻の不倫相手に対し内容証明を送り、慰謝料請求を行った。

結果

請求後、夫婦間で離婚の話し合いが行われ、協議離婚が成立した。その後、慰謝料100万円を一括で支払ってもらうことで示談が成立した。

ポイント

離婚が先に成立したことにより、財産分与の面で、ある程度慰謝料の部分が解決したので、不倫相手への慰謝料が少額になりました。