相手が離婚に応じてくれない事例

依頼者 女性40代前半(パート)
相手方 男性40代後半(会社員)
子ども 2人(9歳、7歳)

依頼から解決まで:約10ヶ月
原因:性格の不一致、モラハラ

・経緯

昨年3月にご相談があった。相談時、依頼者は母名義の自宅にて同居中であったが、相手方が単身赴任のタイミングで別居開始となった。
相談後、相手方が離婚に応じなかったため、昨年11月に正式な依頼となった。

・対応

依頼を受けた後、内容証明を出して相手方と協議を行ったが、引き続き離婚に応じなかったため、離婚調停を申立てた。
相手方は調停においても離婚に応じないと頑なであったが、財産分与として預金を半分渡すと伝えたところ、態度が軟化した。
しかし、親権者を決める際に再び争いになり、調停は不成立で終了した。
その後、面会交流を行っていた際「離婚訴訟を提起する」と依頼者が相手方に伝えた。
すると相手方から離婚協議の申し出があり、今年の9月に離婚成立となった。

・結果

養育費として相手方が1人あたり3万5千円/月を支払い、月に1回の面会交流を実施、財産分与として預金の半分を相手方に渡す、という条件で離婚が成立した。
相手が離婚に応じない場合でも、訴訟も厭わない姿勢を見せることで、離婚に応じるケースが往々にしてあります。