同居中に弁護士に依頼し、離婚が成立した例

依頼者  男性 40代
相手方  女性 40代
子ども  2人(19歳と15歳)
依頼   2020年12月
解決     2021年4月
 

経緯

依頼者は、相手方との性格の不一致を理由に離婚したいと来所されました。

そこで、相手方に内容証明郵便を送ったところ、「依頼者が不倫している証拠がある」と連絡がありました。さらに、離婚に応じる条件として、

・9年前に購入した持ち家のローン25年分(約2,000万円)を依頼者が完済すること
・家の名義を相手方に変更すること
・養育費の支払い

を提示してきました。
また、相手方は、依頼者の所得の中から、20万円を引き出して使っていることが判明しました。

対応と結果

依頼者は条件として、

・持ち家のローン一部返済
・家の名義変更
・養育費の支払い

を提示し、交渉を開始しました。

今年3月、相手方にも弁護士が付きましたが、結果として、

・持ち家のローン完済
・家の名義変更

上記2点を条件に、4月に離婚が成立しました。

依頼者の所得から引き出されていた20万円については、離婚協議書作成時に返金してもらう形で解決しました。

ポイント

今回は、依頼者と相手方が同居している中での離婚協議だったため、トラブルが発生しないよう、慎重に条件交渉を行わなければならない事案でしたが、比較的早期に解決できました。

依頼者の方より事後報告をいただきましたが、その後も特に問題なく進めることができたとのことで、満足いただけた解決事案でした。

The following two tabs change content below.
代表弁護士 竹田卓弘

代表弁護士 竹田卓弘

春日井市・小牧市・北名古屋市・犬山市の皆様へ 焦らなくてもいいので心の中にひっかかっているもの全てを吐き出していただけたらと思います。弁護士法人竹田卓弘総合法律事務所(春日井市)には、毎月、離婚問題でお悩みの方がたくさん相談に来られます。離婚にまつわる悩みは様々です。1人として同じ悩みはありません。それぞれ込み入った事情を持っておられることと思います。まずは、お気軽に弁護士にご相談ください。春日井市をはじめとする、地域の皆様のお力になれる春日井の法律事務所・弁護士であることを目指します。
代表弁護士 竹田卓弘

最新記事 by 代表弁護士 竹田卓弘 (全て見る)