DVの例

DVが原因で離婚と慰謝料請求されていた依頼者が面会交流権を獲得できた事例

依頼者 男性 30代後半 会社員 相手方 女性 30代後半 パート 子ども 4人(未成年)   経緯 依頼者は相手方から、DVが原因で、離婚と慰謝料請求をされていました。離婚訴訟を提起されたことから、依頼者は相談に来られました。   対応 子どもとの面会交流の機会を認められるよう尽力しました。   結果 依頼を受けてから1年ほどで、和解離婚を成立させることができました。養育費
続きを読む >>

DVを繰り返す夫から300万円の慰謝料と基準通りの養育費で調停離婚が成立した事例

依頼者 女性 20代後半 主婦 相手方 男性 30代前半 会社員 子ども 2人   経緯 ご依頼者様は4年前にDV被害に関するご相談で当事務所に来られていました。元々、DVで相手方と別居をしていましたが、ご依頼時にはヨリを戻していました。3人目の子どもを妊娠したことをきっかけに、再度、暴力を受け始め、今度こそ離婚をしたいということで、ご相談に来られました。   対応 ご依頼を受け、
続きを読む >>

依頼から2ヶ月半で離婚成立、財産分与と慰謝料で300万円を受け取った事例

依頼者 妻 専業主婦 30代前半 相手方 夫 会社経営者 30代後半 子ども なし 手続き 協議離婚 依頼から解決までの期間 2ヵ月半   経緯  依頼者は夫との離婚を考えており、当事務所のホームページを見て、早期の段階で離婚相談に来ていた。夫からのDVを受けており、警察に被害届を出すなどしていましたが、最終的に別居をし、当事務所に依頼があった。依頼者は相談の段階でDVを受けていたこ
続きを読む >>

婚姻費用の支払を考慮して、早期に離婚を成立させた事例

依頼者 男性 30代 公務員 相手方 女性 30代 パート 子ども 1人(相手方の連れ子で養子縁組みをしている)   経緯  依頼者は、日常的に相手方である妻から暴力・暴言を受けており、離婚調停を申し立てたが、不成立になり、当事務所に依頼があった。   対応  現在、婚姻費用として月に15万円支払わされており、依頼者の経済的負担が大きくなっていた。裁判で証人尋問を行い、相手方から暴
続きを読む >>

不倫相手の夫から暴力を受けた事例

夫 40歳 妻 39歳 不倫相手の男性 43歳    Hさんは夫のいる女性と不倫していましたが、相手方の夫にバレてしまい慰謝料を請求されました。 しかし、Hさんは不倫がバレた際に相手方の夫からひどい暴力を受けていたので、弁護士に相談して債務不存在確認の裁判を起こしました。   当初は相手方の夫は500万円の慰謝料を請求していましたが、弁護士による交渉の結果、120万円の慰謝料を払うこ
続きを読む >>

乳児を抱える妻へのDVに対する離婚調停

依頼者 妻     離婚事由 夫のDV 夫 30代前半   夫の職業 会社員 妻 10代後半   妻の職業 主婦 子 3人(9歳、8歳、2歳) 依頼を受けてから裁判離婚が成立するまで 約6カ月   夫は、仕事が長続きせず転々と職場を変えてきてとうとう失業した。それにも関わらず、夫は、外でお酒を飲み歩いて、乳児を抱える妻に稼働を強要し、暴力も振るっていた。妻は、そのような状況に耐
続きを読む >>

状況別・段階別の離婚相談メニュー

  • 離婚を考えているが、どう切り出していいかわからない。相手から離婚を切り出されたが、離婚したくない
  • 突然、相手が家を出ていってしまった(弁護士から手紙が届いた)離婚したいが、できれば相手と直接話したくない(話をするのが怖い、相手が弁が立つ)
  • 相手に弁護士がついた相手と話し合いをしている時間がないので、話し合いを任せたい
  •  
  •  
  •                  調停を申立てたい
  •  

                  調停を申立てられた