弁護士選びのポイント

1 事件の相談件数・解決実績やWEBなどで公開している情報

  今、みなさんが弁護士を選ぶために、弁護士名が多数並んだポータルサイト等で弁護士を探す方が多いと思います。しかし、それだけでは、良い弁護士に巡り合うことはできません。ポータルサイト等では、広告費用をサイトに支出した弁護士が上位に表示される仕組みになっているサイトもあり、上位で表示される弁護士が良い弁護士か否かは不明確だからです。

弁護士を選ぶ際には、法律事務所のHPを確認していただき、相談件数や解決実績、HP上で開示されているコンテンツを確認することが大事です。
 弁護士がその分野で強いと言われる理由は、その分野の案件を如何にたくさん携わったかによります。しかも、短期間に多くの案件に携わった弁護士は、その分野にかなり特化しているものと考えていいのです。また、HP上で開示されたコンテンツについては、その弁護士が責任をもって公開している情報ですので、コンテンツが詳細であればあるほど、その分野に深くタッチしている弁護士だとも言えます。解決実績については、HP上の解決事例の内容や量が参考になります。

解決実績はこちら

2 法律事務所が勤務先や自宅に近くてアクセスしやすいこと

法律事務所がアクセスに便利な場所にあれば、弁護士との相談もしやすくなります。本当に困ったときに、すぐに弁護士とあえることは、対応速度が速くなりますし、解決スピードにもつながります。
 例えば、勤務先が春日井市内にあれば、春日井市内の法律事務所で相談をするほうが良いでしょう。また、勤務先が名古屋市内であっても、ご自宅が春日井市内であれば会社の帰り道に法律相談や打ち合わせができます。

アクセスはこちら

3 相談した担当弁護士の反応

  あなたが相談した弁護士は、ご相談の内容について、深い部分や細かい話に耳を傾けてくれていますか?まだまだ話したいことがあるのに打ち切られてはいませんか?事前にアポを入れて時間をかけて法律事務所に赴くというお手間と支払った相談料に見合った相談が出来ましたでしょうか?

  ご自分が困ったことに真摯に向かい合ってくれる弁護士を探さないといけません。

弁護士紹介はこちら

4 お電話口に出た事務員の態度

  法律相談の予約をされる際、法律事務所に電話すると、弁護士ではなく事務員が対応します。その事務員の態度は、その法律事務所のお客様に対する姿勢そのものです。言葉遣いが横柄だというのは論外だとしても、丁寧な言葉遣いだとしても何か冷ややか印象を受けるとか、その感覚は大事にされた方がいいと思います。案件を依頼される場合、弁護士だけでなく事務所のスタッフ全員が対応することになります。ご依頼された案件について気持ちよく対応してくれる事務所を選びたいところですね。

事務所紹介はこちら

5 弁護士費用(報酬・着手金)が明示してあるか

  「弁護士に頼むとお金がかかる」と思われている方も多いと思います。実際にお客様から頂戴する弁護士費用は決して安い金額ではありません。だからこそ、ご自分が弁護士に頼みたい案件を依頼するといくらかかるのか、明確になっていないと最終的にお金がいくらかかるのか不安だということになります。法律事務所のHPの料金表を確認してみてください。

弁護士費用はこちら