離婚問題解決の流れ

一般的な離婚の流れは、夫婦で話し合い、離婚とその条件について合意し、離婚届に判を押して離婚する、ということになります。

しかし、実際には話し合っても合意に至らないケースもあり、調停や裁判といった手続を踏まなければならない場合もあります。

離婚の種類を法律的にいうと、以下の5種類になります。

協議離婚

夫婦で話し合いによって離婚する方法です。

協議離婚は、お互いが離婚することに合意していれば、理由が問われることはありません。

全国の離婚件数全体の87.8%程度が協議離婚で、愛知県では、88.2%です。
(平成20年厚生労働省 離婚に関する統計より)

>>協議離婚について

調停離婚

夫婦の話し合いがつかない場合は、家庭裁判所で調停によって離婚する方法です。

調停離婚の割合は全体の9.7%程度です。

>>調停離婚について

審判離婚

調停の最終段階で、家庭裁判所の判断で行われる離婚です。件数としてはごく僅かです。

>>審判離婚について

裁判離婚

調停でもまとまらない場合、裁判を起こして、離婚する方法です。裁判にまでなるケースは、全国では、全体の1%程度です。(平成20年厚生労働省 離婚に関する統計より)

>>裁判離婚について

和解離婚

訴訟の途中で和解が勧告され、成立する離婚のことです。全体の1.4%程度です。

>>和解離婚について

 

お互いに円満で離婚できる場合には、協議離婚で終わることがほとんどです。

しかしながら、これまでの相談者の中には、

・夫(妻)が離婚に応じてくれない

・離婚することには合意しているが、離婚条件で揉めている

・不倫があり、もう夫(妻)と話もしたくない

など、様々な離婚トラブルを抱えていらっしゃる方も多くおられます。

 

弁護士に相談するメリットの1つは、「法律的に言うと、調停になったら、こうなりそうだ」「裁判になったら、こうなりそうだ」という予測が得られることだと思います。実際に当事務所にも、相手と話し合っている(協議中の)段階の方が多数相談に来られます。調停や裁判に移行した段階のことが予測できると、話し合いが比較的スムーズに進むことがあります。

 

離婚問題でお悩みの方は、お気軽に当事務所までご相談ください。

>>ご相談の流れ

 

The following two tabs change content below.
代表弁護士 竹田卓弘

代表弁護士 竹田卓弘

春日井市・小牧市・北名古屋市・犬山市の皆様へ 焦らなくてもいいので心の中にひっかかっているもの全てを吐き出していただけたらと思います。弁護士法人竹田卓弘総合法律事務所(春日井市)には、毎月、離婚問題でお悩みの方がたくさん相談に来られます。離婚にまつわる悩みは様々です。1人として同じ悩みはありません。それぞれ込み入った事情を持っておられることと思います。まずは、お気軽に弁護士にご相談ください。春日井市をはじめとする、地域の皆様のお力になれる春日井の法律事務所・弁護士であることを目指します。 |当事務所の弁護士紹介はこちら
代表弁護士 竹田卓弘

最新記事 by 代表弁護士 竹田卓弘 (全て見る)


状況別・段階別の離婚相談メニュー

  • 離婚を考えているが、どう切り出していいかわからない。相手から離婚を切り出されたが、離婚したくない
  • 突然、相手が家を出ていってしまった(弁護士から手紙が届いた)離婚したいが、できれば相手と直接話したくない(話をするのが怖い、相手が弁が立つ)
  • 相手に弁護士がついた相手と話し合いをしている時間がないので、話し合いを任せたい
  •  
  •  
  •                  調停を申立てたい
  •  

                  調停を申立てられた