人身保護請求

竹田さん  

子供が強引に連れ去られ、相手に暴力を受けているなどの扱いが見られる場合、地方裁判所に「人身保護請求」をすることができます。

これは、不当に奪われた人身の自由を回復することを目的に制定された「人身保護法」を適用するものです。
 

人身保護請求の手順

被拘束者、拘束者、又は申立人の住所地の地方裁判所に「人身保護請求」を申し立てます。請求があってから、1週間以内を目処に審問が開かれます。審問で相手方の行動の違法性が認められると、子どもの引渡しを命じる判決が出ます。もし、相手方が判決に応じない場合は強制執行となります。
 
しかしながら、子どもが自分の意思で相手方のもとに行った場合は、親権行使の妨害にはならず、子どもの引渡請求権は成立しません。
 
なお、子どもの引き渡しを請求する方法としては、一般的には家事審判法にもとづく請求(審判前の保全処分)が多いのですが、他にも、民事訴訟による請求、家庭裁判所の調停など様々な方法があります。
 
単に、相手方に子供がいるので奪還したい、というような場合には、もちろん人身保護請求は認められません。どのような場合に、人身保護請求が可能かは、弁護士にご相談ください。
The following two tabs change content below.
代表弁護士 竹田卓弘

代表弁護士 竹田卓弘

春日井市・小牧市・北名古屋市・犬山市の皆様へ 焦らなくてもいいので心の中にひっかかっているもの全てを吐き出していただけたらと思います。弁護士法人竹田卓弘総合法律事務所(春日井市)には、毎月、離婚問題でお悩みの方がたくさん相談に来られます。離婚にまつわる悩みは様々です。1人として同じ悩みはありません。それぞれ込み入った事情を持っておられることと思います。まずは、お気軽に弁護士にご相談ください。春日井市をはじめとする、地域の皆様のお力になれる春日井の法律事務所・弁護士であることを目指します。
代表弁護士 竹田卓弘

最新記事 by 代表弁護士 竹田卓弘 (全て見る)