弁護士の介入によりスムーズに離婚が成立した事例

属性

依頼者 男性 40代前半 会社員
相手方 女性 40代前半 パート
子ども 二人
依頼から解決まで 約1年

経緯

性格の不一致があり、相手方から離婚を請求されました。相談に来られたときには、相手方が子どもを連れて実家に戻り、既に別居状態にありました。受任当初は相手方と直接交渉をしていましたが、途中から相手方にも代理人が付いたため、相手方代理人を通しての交渉となりました。

依頼者も離婚については早い段階で同意をしており、離婚条件を提示する形で進めました。また、相手方は依頼者の母親と養子縁組をしていたため、離縁の手続きも同時に行いました。

結果

離婚協議書を作成し、公正証書化も行い、離婚を成立させました。養子縁組については、依頼者の母親は既に亡くなっていたので、死後離縁の審判申立をしました。

ポイント

依頼者は初回相談当初から離婚には同意しており、条件面の調整は比較的スムーズにいきました。
弁護士が代理人となることで、依頼者の交渉に関するストレスを軽減し、新たな紛争の発生を防ぐことができたと言える案件でした。