養育費と財産分与で算定表よりも高い金額で離婚に合意できた事例

依頼者 女性 30代後半 専業主婦
相手方 男性 30代後半 自営業
子ども 1名(8歳)
 

経緯

依頼者は同居をしている相手方から、弁護士を立てて離婚を申立てられたが、子どもが小さいことを理由に
離婚を拒否。
 
調停を重ねるも相手方からの離婚希望は変わらず、また裁判にすることを避けたかったこともあり、条件を詰めて離婚する方向に転換した。
 

対応

依頼者が親権者となる。
 
依頼者は離婚を迫る相手方から嫌がらせを受けており、それに対する慰謝料請求を行った。
 
また、財産分与と養育費の請求も行った。
 
 
 

結果

養育費と財産分与に関しては、算定表の額よりも高い額で合意となった。
 
・養育費:月6万円で請求→月7万円で合意
 
・財産分与:解決金30万円+学資保険の名義を依頼者に変更
 
で合意となった。
 

ポイント

当初、離婚拒否の依頼だったものをより良い条件での離婚に方向性を変更し、養育費と財産分与を算定表よりも高い額で合意に至ることができた。
The following two tabs change content below.
代表弁護士 竹田卓弘

代表弁護士 竹田卓弘

春日井市・小牧市・北名古屋市・犬山市の皆様へ 焦らなくてもいいので心の中にひっかかっているもの全てを吐き出していただけたらと思います。弁護士法人竹田卓弘総合法律事務所(春日井市)には、毎月、離婚問題でお悩みの方がたくさん相談に来られます。離婚にまつわる悩みは様々です。1人として同じ悩みはありません。それぞれ込み入った事情を持っておられることと思います。まずは、お気軽に弁護士にご相談ください。春日井市をはじめとする、地域の皆様のお力になれる春日井の法律事務所・弁護士であることを目指します。
代表弁護士 竹田卓弘

最新記事 by 代表弁護士 竹田卓弘 (全て見る)