10年以上別居が続いた夫婦間での慰謝料請求及び財産分与

依頼者 妻
10年以上別居状態が続いた夫婦であったが、夫に交際相手ができたために、妻の方から慰謝料請求を含む離婚調停の申立てを受けた。夫は交際相手ができたときには既に夫婦関係が破たんしていたと主張して慰謝料の支払いを拒んだが、妻側が強硬に慰謝料500万円の請求に固執したため、調停が不調になり、訴訟に至った。結局妻と共有名義になっていた建物を夫単独名義とする代わりに夫が妻に金銭を支払うという以下の条件で和解となった。
 夫→妻 慰謝料及び財産分与として、金130万円
 妻→夫 元自宅の共有持ち分の名義変更
 年金分割0.5

 

当事務所の熟年離婚の解決事例

①10年以上別居が続いた夫婦間での慰謝料請求及び財産分与
②家庭内別居状態の60代夫婦が、夫の退職に伴い離婚を成立させた事例 

その他の解決事例はこちら