有責配偶者(不倫)からの離婚請求。不動産を財産分与して協議離婚ができた例

依頼者  男性 40代 会社員
相手方  女性 30代 パート
子ども  1人(成人)
依頼   2020年6月
解決期間 約半年
 

経緯

依頼者(夫)が不倫をして、相手方(妻)に離婚を請求し、ローン完済の自宅マンションを財産分与することで、離婚を成立させたく来所されました。当事務所から受任通知を送付した後、相手方にも弁護士が付きました。
 

対応と結果

離婚請求を行い、当事務所が離婚協議書を作成して、協議離婚が成立しました。

共有財産の殆どを占めていた依頼者名義のマンションを、相手方へと名義変更する条件で、相手方は離婚を了承しました。

ポイント

離婚条件で交渉がこじれてしまうと、離婚自体を拒否されてしまう可能性が高くなります。

本ケースは、相手方(妻)の生活が、子供の就職により経済的負担が軽減され安定していたことと、依頼を受ける1年前から別居しており、夫婦関係が既に冷え切っていたとういう状況ではありましたが、当事務所としては、相手方の反応を見ながら慎重に条件交渉を行い、結果、比較的早期に解決でき、依頼者の方にも満足いただけた事案となりました。

The following two tabs change content below.
代表弁護士 竹田卓弘

代表弁護士 竹田卓弘

春日井市・小牧市・北名古屋市・犬山市の皆様へ 焦らなくてもいいので心の中にひっかかっているもの全てを吐き出していただけたらと思います。弁護士法人竹田卓弘総合法律事務所(春日井市)には、毎月、離婚問題でお悩みの方がたくさん相談に来られます。離婚にまつわる悩みは様々です。1人として同じ悩みはありません。それぞれ込み入った事情を持っておられることと思います。まずは、お気軽に弁護士にご相談ください。春日井市をはじめとする、地域の皆様のお力になれる春日井の法律事務所・弁護士であることを目指します。 |当事務所の弁護士紹介はこちら
代表弁護士 竹田卓弘

最新記事 by 代表弁護士 竹田卓弘 (全て見る)

状況別・段階別の離婚相談メニュー

  • 離婚を考えているが、どう切り出していいかわからない。相手から離婚を切り出されたが、離婚したくない
  • 突然、相手が家を出ていってしまった(弁護士から手紙が届いた)離婚したいが、できれば相手と直接話したくない(話をするのが怖い、相手が弁が立つ)
  • 相手に弁護士がついた相手と話し合いをしている時間がないので、話し合いを任せたい
  •  
  •  
  •                  調停を申立てたい
  •  

                  調停を申立てられた