600万円の不貞慰謝料請求を半減

依頼者 妻の不倫相手(30代後半)
 30代後半
 30代後半
依頼を受けてから裁判離婚が成立するまで 約3カ月
 

夫から依頼者に対して不貞の慰謝料として600万円の請求があった。依頼者は,事前に600万円を支払う旨了承していた。夫の代理人と交渉した結果,300万円の解決金を支払うという内容で示談が成立

 妻の不倫相手 → 夫 慰謝料300万円 (300万円の減額)

 

当事務所の不倫(浮気・不貞行為)相手に対する慰謝料請求の例

①離婚する意思のない妻の、夫の不倫相手に対する慰謝料請求
②夫の不倫相手に対する慰謝料請求で90万円の獲得
③600万円の不貞慰謝料請求を半減
④不倫相手の夫から慰謝料請求された事例
⑤部下と妻の不倫関係について慰謝料を請求した事例
⑥不倫相手に対しての慰謝料請求と、不倫をした夫との調停離婚の事例 

その他の解決事例はこちら