不倫をした妻が、親権を獲得するために、相手の望む金額を払い、早期に離婚した事例

依頼者 30代後半 妻 上場企業会社員
相手 30代後半 夫 上場企業会社員
子ども 二人(5歳、0歳)
手続 調停離婚
 

経緯

依頼者は会社の同僚との不倫が夫にばれてしまい、夫から離婚の請求をされました。離婚は既に合意していましたが、親権と財産分与が争点となりました。
 

当事務所の対応

調停では二人の親権と財産分与を巡り、相手方の代理人と交渉をしました。住宅ローンが多く残っていたために、相手方は高額な財産分与を求めてきました。また、不貞の慰謝料として500万円を求めてきました(不倫相手の慰謝料も含む)。
 
夫には安定した収入があり、住宅ローンについても会社から手当てが出ていましたが、依頼者が早期の解決と親権を望んでいたため、相手が望む解決金を払うことで和解をしました。
 

結果

依頼者が夫に対して、財産分与と400万円の慰謝料を払うことで調停離婚が成立。
 

所感

不貞していた期間が臨月に近かったこともあり、不貞関係の立証に難があったと思われるので、裁判をすれば、解決金を減らすことができていたが、依頼者が早期の解決を望んだので、400万円の慰謝料と解決金を払うことで離婚を成立させた。
 
負債が多く、マイナスの財産をどのように分与するかが問題となったが、依頼者・相手方双方に安定した収入があったので、あまりもめることなく解決をすることができた。
 

 

当事務所の親権に関わる解決事例

①育児放棄をした母からの親権者変更

②親権者の変更の事例

③未就学の間の監護権を妻に渡す条件で子どもの親権を父親が取得できた事例

④不倫をした妻が、親権を獲得するために、相手の望む金額を払い、早期に離婚した事例

⑤外国人の妻との離婚で親権が問題になった事例

その他の解決事例はこちら